韓国の2000年代を代表する連続殺人魔の一人であり、京畿道、江原道界隈で女性を連続的に拉致し10人の命を奪った、カン•ホスンの事件、犯行についてまとめました。

最初にぬすんだのは牛

カン·ホスンは1969年10月10日生まれ、高校生活記録簿には「容姿が端正で誠実だ」と書かれていました。 その後軍に入隊した彼は休暇中に牛を盗んでつかまり、不名誉除隊しました

知人の証言で動物虐待をしていたことが明かされ、牛、豚、犬等の動物で殺人の練習をしていたのではと言われています。

牛は目立ちそうですね。韓国人牛の刺身好きですよね。。。

モテ男だった

カン•ホスン知人談によると、「あいつは女が途切れないんだよ。最高に多い時は15人くらい女がいた」とのことでモテモテだったようです。又カン•ホスンは1992年から2005年まで4回結婚し、息子が3人います。

4回結婚できるってすごいですね。

4番目の妻と義母が不審死

2005年10月30日に自宅で火災が発生し、4番目の妻と義母が死亡しました。 当時、警察は「通常の火災」と結論付け捜査を終結しました。  カン•ホスンは火事の前に傷害保険を二カ所追加加入しており大きな金額をもらっています。

一部のメディアは事件当時のカン·ホスン容疑者の行動に疑問点が多いことを指摘しています。

当初自分とは無関係だと主張していましたが、後に4番目の妻と義母の死亡により連続殺人を決心することになったと話しています。 

女性が次々失踪


2006年9月7日から2008年12月19日にかけて、京畿道西南部周辺で、女性7人が相次いで行方不明になりました。行方不明になった女性はカラオケ店の従業員3人、会社員1人、主婦1人、女子大生2人でした。 

検挙


2009年1月25日に京畿道軍浦市で失踪した女子大学生を殺害した疑いで警察に検挙されました。 女性から盗んだカードで現金を引き出そうとしたところ捕まったそうです。

防犯カメラにうつったカン•ホスンの手元

追加捜査で失踪していた女子大生を含めて7人を殺害したと打ち明けました。
自分が検挙された理由について、「運がないからだ」と語っています。

犯行手口


主に車を利用した犯行で、通勤や通学でバスに乗りそこねた女性に乗せてあげるよ、と言って声をかけたりカラオケ店に客として訪れ店員女性に声をかけて誘い出しました。
車の中の後方を寝床のようにしていて、女性を連れ込んで犯行に及んでいました。
犯行から証拠隠滅までの時間がはやく、殺害後すぐに遺棄しテキパキと処理していたそうです。

[一審]
2005年10月30日カン·ホスン被告に殺人、現住建造物放火致死、殺害罪などを適用して死刑を求刑。
[判決公判]
2009年4月22日女性10人を殺害した容疑で起訴されたカン·ホスンに死刑を言い渡した。
カン·ホスンは一審を不服として控訴状を出した。
[控訴審]
2009年7月23日高等裁判所、カン·ホスン死刑囚に対し、殺人·現住建造物放火致死、殺害、性暴力犯罪処罰法違反および特定犯罪加重処罰法などの容疑で控訴を棄却し、死刑を言い渡した。 上告放棄書を提出して死刑が確定した。

ムショ内でいばる


服役中のカン·ホスン容疑者は警察に逮捕された後も死刑が確定してからも、反省の気配がまったくありませんでした。 かえって平気な様子を見せているそうです。取り調べ中も「話をするんなら水くらい持ってきな」と上から目線でした。
一緒に収監されている服役者たちを奴隷のようにこき使い、王のように生活し担当刑務官たちを驚かたそうです。

罪の意識や感情の起伏が無い典型的なサイコパスの性格をしていると言います。

この事件をきっかけに凶悪犯の顔公開や身の上を公開するように法改正が行なわれました。

↓カン•ホスン死刑囚。

雑談

事件と関係ないのですが、
夫の友人で4回結婚した人が二人います。韓国全体的に4回も結婚する人が多いのか、たまたま夫の周りに特殊な人がいるのかよくわかりませんが、韓国も離婚多いと感じています。

離婚、結婚についてふと思ったことです^^;

  • 1回目離婚 = 普通。凡人。誰でもミスはあるよねという感じ。
  • 2回目離婚 = 何か問題あるのではと思いたくなる。騙されやすいのかな?と思われたり。
  • 3回目離婚 = 非凡。人間性を疑わずにいられない。
  • 4回目結婚 = モテる人しかできないと思う。犯罪者の域??

私は離婚しないだろうと思ってますが、2回以上結婚できる人に少し憧れます。矛盾してますよね。私にはできない事だなー思うからどんな感じだろうって想像して、なんとなく羨ましく思います。^^

最後までお読みいただきありがとうございます